概要


本トレーニングは、高度な攻撃や防御に関する知識を習得するためのハンズオントレーニングです。

Linuxベースの環境における、スタックバッファオーバーフローを起点とするメモリ破壊系の攻撃手法と防御手法を取り扱います。
複雑化するLinux環境における攻撃手法を、ハンズオンを通して体験しながら学び、セキュリティ対策を考える上での高度な知識を習得することが可能です。

想定するトレーニングの対象者


  • 製品開発部門担当者
  • 情報セキュリティ部門担当者
  • 電子プラットフォーム開発担当者
  • サーバ管理者
  •  など

    開催要領


    会場
  • オンライン
  • 各社事業所内にご用意いただいた会場または弊社が用意した会場※
  • ※個別相談

    最少催行人数
    20名
    ※最少催行人数未満の場合は個別相談
    ※現在個人でのお申し込みはお受けしておりません

    期間
    2日間

    備考
    難易度としては、IT基礎、Linux及びC言語を知っている前提の講義となります。
    エクスプロイトの記述言語にはpythonを用います。

    実施の流れ


    攻撃・防御技術研修 ~スタックBOF~実施の流れ