概要


本トレーニングは、自動車に関わるプライバシー情報を扱う上で必要となる基礎的な知識を習得するための教育プログラムです。

現在の車両では、”コネクティッドカー/サービス”に代表されるように、データを活用して付加価値を最大化した様々な製品・サービスが多数登場しており、データの重要性がますます高まっています。 それらのデータにはユーザのプライバシーに関する情報が多く含まれます。 そのため、自動車においても、個人の権利を尊重した製品・サービスの開発が求められています。
本トレーニングでは、自動車やモビリティサービスのプライバシー事例を通して、プライバシーを考慮した製品・サービスの開発するための基礎知識を習得することが可能です。

想定するトレーニングの対象者


  • 完成車メーカのプライバシー部門の担当者
  • 完成車メーカの電子プラットフォーム開発担当者
  • サプライヤのプライバシー部門の担当者
  • サプライヤの製品開発部門担当者
  •  など

    開催要領


    会場
  • 各社事業所内にご用意いただいた会場
  • または弊社が用意した会場
  • ※個別相談

    最少催行人数
    20名
    ※最少催行人数未満の場合は個別相談
    ※現在個人でのお申し込みはお受けしておりません

    期間
    半日

    実施の流れ


    プライバシー対応教育の実施の流れ